新たな友達♪

先日、トレーナー仲間であるワンポートさんが静岡に遊びに来てくれました!
そう、おチビを連れて・・・!!
e0100584_23271212.jpg

英国ゴールデンのモネくんです。
いつもお世話になっている、きがわドッグスクールさんでトレーニング中のクレバーくんと兄弟。
2頭はソラドッグスクールさんより迎え入れた子犬です。
こんなに近い環境で新しい仲間が出来て嬉しいなぁ・・・。

さてさて3ヶ月になるモネくん、真っ白ですね~。。この多感な時期は社会化適期ですから、日々社会化に徹しているようでした。
子犬の社会化・・・ここでも再三伝えていますが、犬の将来を決める重要な事柄です。
将来関わるであろう刺激に今から触れ合っておこう、という事です。
各家庭で教育方針は違いますし、環境も違いますから、その子に合った経験を積ませなければいけません。「こんな子になってほしいな!」「これをやらせたいな!」・・・と未来予想図が出来上がっていれば、自ずと何をさせたらいいかが分かってきますよね!

この日は雨が降っていて店内で食事をとれるカフェへ。
ここでもやんちゃな子犬は色んなものに興味を持ちます。
e0100584_042649.jpg
e0100584_044169.jpg

コントロールしないでフリーにしておくと、あっちへホイホイ・・こっちへホイホイ・・と忙しない時間を過ごす事になります。犬の性格も多動気味になりますし、飼い主さんだって落ち着きません。
こんな時は、コントロール・ポジションをとりましょう。
e0100584_031692.jpg

ただリードを踏んでおくだけ!
落ち着いている時以外は余計な声かけはいりません。こういった制限・制約をかけて落ち着かせる時間をあえて与えていく事は大事です。小さい時からやっておくと、興奮してもクールダウンが早くなります。
e0100584_034719.jpg

トレーニングが進んで「マテ」が容易に出来るようになれば、リードを踏まなくてもスマートにコントロール出来るようになりますけどね!

雨があがったのでお外へ。
ここでもモネくん、色んな経験をしたね!
うちの激しい3頭には少々ビビッてましたが、元気いっぱい走り回る姿も!
e0100584_08456.jpg
e0100584_082614.jpg
e0100584_084330.jpg

e0100584_092321.jpg

・・・いつまでも子供なディステルも走り回っていました(汗)。
e0100584_093743.jpg

「記念写真撮ろうよ~!」といってもまぁ、まだ「マテ」は難しいね。。。カメラへ興味が向き、ダッシュ(笑)!!
e0100584_012910.jpg

3ヶ月でこの大きさ、誰よりも大きくなるよ・・きっと。
さぁ、これからが楽しみだ!色んな経験を積んで大きくなろうね♪
e0100584_0135380.jpg

アドルト組もチビに混ざって若返ったかな??
e0100584_0145998.jpg

*ジャーマン・シェパード、タービュレン、ゴールデン、柴犬の子犬が産まれます&産まれています。興味のある方はお問い合わせ下さい!☆きがわドッグスクール☆
[PR]

by kleiner-heine | 2010-08-26 00:22 | Friends | Comments(5)

違う動物との出会い?

先日、中学の頃の友人と会いました。
年に数回しか会わないのですが、犬が大好きな友人なのでお言葉に甘えお家にお邪魔させていただきました。
そう、小悪魔ちゃん達と・・(笑)。
e0100584_2233938.jpg

羨ましいほど広いお庭で、我が物顔ではしゃいでいましたよ!
子供の様のプールを見つけて水かきの自主練をしていたフラウ。
この後、プールの底を爪で引っ掻き穴をあけ使い物にならなくなってしまいました・・・
本当にすみません。。。
e0100584_2233445.jpg
e0100584_22341124.jpg
e0100584_2234255.jpg

e0100584_22361950.jpg

それを笑って許してくれた心優しい友人が取り出してきたのは、スプリンクラー!!
これがまた犬達の遊び心に火を付けた!
ハイネとフラウは跳ねる、跳ねる!ディステルはホースの根元を咥え・・もう好き放題。
本当に本当にゴメンナサイ・・・!
e0100584_2235226.jpg
e0100584_22351741.jpg
e0100584_22353199.jpg
e0100584_22354841.jpg

息子さんも怪訝な顔?してたかな?
小さい子供との出会いはこれまでも何回か会ったのですが、やはり興味は魅かれるよう。
特に若いディステルは、子供が発する甲高い声や突発的に動き回る様子に興味津々。

幼い子供は我々大人とはちょっと違った種として捉えます。
犬は捕食動物ですので、改良が進められて本来の捕食行動が弱まってきたとはいえ、動くもの対して追いかけたり他の種への好奇心は消えません。
かといって、子供への飛びつき等は危険もありますので大型犬を飼っている私は笑ってばかりもいられません。もともと備わっている本能ですが、問題行動へと発展していく事もあります。

幼い子供・・と挙げていますが、一般的にはネコやウサギ、小動物などへの攻撃、として問題視される事が多いです。
犬が何歳になっても慣らす事は可能ですが、若い時に越した事はありません。
特に3~4ヶ月くらいですと、犬へのストレスもなく時間もかからずに慣らす事が出来ます。
e0100584_223749.jpg

もちろん、子供への攻撃・・はありませんでしたが、子供がいる事お構いなしで走りまわり、突き飛ばしやしないかヒヤヒヤもんでした。。。

最後は室内に避難。
おっ!ここはいいね~♪安全だね~♪
動物園の展示スペースのよう・・・
e0100584_22373850.jpg

[PR]

by kleiner-heine | 2010-08-15 22:37 | Play | Comments(0)

泳げ!泳げ!

お盆休みに入りますね!
皆さん、愛犬と一緒にお出かけかな?
まぁ、どこも混みあって、また台風の心配もありますので、くれぐれもセーフティー旅行で☆

さて、朝晩はちょっと涼しくなったかな??・・・と思っても、日中はやはり暑い。。
犬達と一緒に涼を求めて川へよく行くのですが、この時期はどこも混んでしまっていますので、向かう時間は18時過ぎてから。涼を求めて・・なのですが、日が傾く頃です(汗)。
ただ、3頭はそんな事はお構いなし!
車を停めると大合唱です(滝汗)。
e0100584_21523442.jpg

それぞれで遊んでくれれば楽チンなのですが、こちらが付き合わないとダメのよう。
ただ、遊びの時間も立派なリーダーとの共有の時間です。トレーニングにも一役買ってくれそう!
そして、「一役買ってくれそう・・」を期待して、ディステルの不得意のダンベルを遊びに持ち込んでみました。遊びの中での・・また競り合う相手がいる中での持来ですから、俄然ヤル気がでたみたいです!
e0100584_21595481.jpg

最初は先輩犬に全部持ってがれて、やっきになってたディステル。
自分が捕れない時は、水の中でギャンギャン!!器用に吠えていました。
e0100584_223110.jpg

e0100584_2222386.jpg

e0100584_2214781.jpg

e0100584_2224258.jpg

e0100584_2232615.jpg

時間が経つにつれて9才のハイネは、ダンベルを投げても途中で引き返す様に・・
スタミナが・・
e0100584_2251578.jpg
e0100584_225284.jpg
e0100584_2254234.jpg

フラウも失速して・・
「捕った!捕った!」
e0100584_2265396.jpg

一度捕ると泳ぐスピードはさらに上がり・・
スゴイなぁ、若いって。この後は連戦連勝でした!
e0100584_2283687.jpg

ん?たまに間違えてみたり??
e0100584_229254.jpg

犬達にとって遊びはいきがいといっても過言ではありません。
心と体のバランスをとる為にも発散させる事は大事!

ただし、自由と勝手は違います。
飼い主の指示に従って、時間を共有する事が大事です。

また、夕方の川遊びへ行こうネ♪
e0100584_22133477.jpg

[PR]

by kleiner-heine | 2010-08-11 22:14 | Play | Comments(4)

しつけ相談会in清水インター店

8月に入りました。
十分に暑い毎日ですが、これからが夏本番!・・というところでしょうか。
体調を崩しやすい季節ですので、ワンちゃんだけでなく飼い主さんも気を付けて下さいね!

さて、そんな暑い中、恒例のしつけ相談会の為ペットプラザ清水インター店さんへお邪魔させていただきました。この暑い中、11組のお客様がいらして下さいました。ありがとうございます!
e0100584_2237735.jpg

今回は成犬の問題行動の相談が多かったです。
悩める問題は様々でしたが、元を辿ると幼少期にとるべきストレスをとれていない事が大きいようでした。ストレス・・と聞くといいイメージではありませんが、生きていくという事は知らないうちにストレスが掛かっています。

これは人間もそうですよね。。。
自分の思い通りにならなかったり、欲しいものが手に入らなかったり、挫折や我慢を経験したり、、、そういったマイナスの事が結果的にはプラスに働きます。
内面を大きく成長させます。
ワンちゃんは非力で弱い生き物、という考えだけで扱うと、人間は出来るだけストレスを掛けずに刺激から守ろうと大事に大事に育てます。

精神的肉体的に柔軟な幼少期に、将来を見据えたストレスを掛けていなかった結果、気づいた時には刺激に敏感に反応し吠えたり、噛みついたり、また落ち着きのない性格形成が出来上がってしまいます。

そうは言っても、トレーニングはワンちゃんが元気なうちは取り掛かる事が出来ます。
諦める必要はありません。
若いワンちゃんをトレーニングするより膨大な時間と、飼い主さんの根気が必要になりますが、課題点を見つけて取り組んでいってほしいと思います。

今日も沢山の人に触ってもらいました!
e0100584_22372932.jpg

スタッフの方に立派な看板を作ってもらいました。
e0100584_22384696.jpg

今回、ディスちゃんも登場。
いやぁ~・・賑やかでした。。。
e0100584_22392371.jpg

[PR]

by kleiner-heine | 2010-08-01 22:40 | Training | Comments(0)