kleiner heine

Frau's Diary

犬のストレス

ワンちゃんにとって、ストレスと感じる瞬間は様々な場面で起こっているはずです。

そして、何をストレスと感じているのか・・・これは飼い主さんとの関係から、また、飼い主さんの生活スタイルから読み取ることができます。

お留守番の時間が長い。
飼い主さんと関係を持つ時間が短い。
運動不足。
生活環境の変化。(子供が生まれる・引越し・セカンドオーナー・・・)
                                               などなど。

ほんの少しの変化でも、例えば特にナイーブなワンちゃんの場合、これを受け止められずにストレスとして行動を起こす場合があります。

吠える・かじる・咬みつく・掘る・引っ掻く・舐める・暴れる・・・
                                                などなど。

一番、望ましい事は、愛犬をどんな出来事に対しても精神的にも肉体的にも強く対応できるよう育てていく事です。
飼い主さんが、愛犬の性格や犬種の特性などを理解し、運動量を決めたり、もともと繊細なわんちゃんに対しては小さいうちから社会性を身に付けさせる事、等が大事になってきます。

飼い主さんとの関係や運動・食事等、どんなに気をつけていてもこの世の中、どんな事が起こるかわかりません。
思いもよらない事が起こったとき、愛犬にそれを受け止められるだけのキャパシティーがあれば、ストレスも最低限ですむわけです。

運動の足りないコには運動量を見直す。
一人でお留守番が長いコには、時間のあるときは極力愛犬に時間を割き、飼い主さんとの楽しい時間を持つ。
飼い主さんにベッタリで依存度の強いコには、飼い主さんと離れる事も出来るよう、過剰な接し方を見直し、飼い主さんとの関係性を改める。
興奮度が高く、忙しないコに対しては、落ち着く場所を設置する事を検討する。
                                               などなど。

‘ストレス’・・・と、簡単に様々な行動に答えを出す事は出来ますが、その裏側には、私達飼い主の行動や生活からそうさせている事が多い、という事を常に考えておかなくてはいけませんね。

ちなみに、Frau・・・
日頃から、私との関係性・肉体作り・精神面の強化には気をつけてます。
これが、Frauのストレス軽減につながっていきますからね。。。
e0100584_23514547.jpg

[PR]
Commented by こたつママ at 2006-11-26 16:00 x
犬のストレス、こたつも感じているのだろうな、と思います。我が家は私の時間の都合がつきやすいので連日お出かけで長時間お留守番させることはないようにはしています。 家に居るとずっとくっついてきますが、相手できず眼が離れるときはゲージにいれてます。 ほんとに以前に比べて手がかからなくなりましたよ。 時々クッションを噛んでいますが、それは発散させているのでしょうか??
Commented by kleiner-heine at 2006-11-26 23:27
Dear こたつママさん
私も結構一緒にいてあげられる時間が多く取れるので、逆にいざ何かの用事で出かける時、ものすごいストレスを感じない様にハウスなり、離れる習慣は作る様にしています。
しかし、多かれ少なかれ実際ストレスは掛かるものだし、いい意味で多少のストレスは必要!こたっちゃんのカジカジも、何か身の回りにひとつ噛んだり遊べるモノを置き、自分でバランスをとる事が出来るのは良い事。
結局、長時間の隔離だったり、過剰な甘やかしは、ワンちゃんにとって後々のダメージが大きい・・・という事ですよね。
by kleiner-heine | 2006-11-23 21:33 | Training | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30