kleiner heine

Frau's Diary

ジャパン・シュッツフントクラブLG Fuji夏季セミナー2014

LG Fujiが出来て丸々1年、シュッツフントクラブの夏季セミナーを去年同様朝霧で行いました!
2回目となった今年の集中テーマは『BHとオビディエンスの実技指導』。
講師は世界で活躍されている益田先生!
お天気が心配でしたが、途中に降った雨もそのうちに止み、何とか無事に終えることが出来てホッとしています。また、大勢の皆さんのご参加、本当にありがとうございました!
e0100584_0383213.jpg

e0100584_0385285.jpg

e0100584_039749.jpg

e0100584_0392427.jpg

e0100584_039482.jpg

e0100584_0403154.jpg

去年はBHの講義が中心でしたのでその実技と、SVJ(ドイツシェパード犬協会ジャパン)の新しい競技“オビディエンス”の実技指導という盛り沢山な内容となりました。
BH(同伴犬試験)
ジャックラッセルのこてつくん。いきなりデモ犬に抜擢!飼い主さん、緊張しました?こてつくんはなんだか余裕そうにカメラ目線(´艸`*)
e0100584_093628.jpg

e0100584_094484.jpg

犬の性格テストの様子。この際イレズミかマイクロチップの読み取りによって個体識別確認も行われています。
e0100584_0122818.jpg

e0100584_0125284.jpg
e0100584_01316.jpg
e0100584_0131142.jpg

セクションA(服従)終了後、審査員より各課目ごとの評価と点数の発表。当たり前のような光景ですが、今まで見てきたBHの講評とは全く違うものでした。
e0100584_0132333.jpg

セクションB(道路での試験)服従会場とは別の場所で行わなければならないので移動。
e0100584_019626.jpg
e0100584_0191867.jpg

そして新競技“オビディエンス”
SVJ(ドイツシェパード犬協会ジャパン)のオビディエンスですがドイツシェパード犬のみならず、どんな犬種でも血統書のない犬での参加出来ます。そしてプレイヤーからすると一番がっかりなのは公平な審査が行われないという現実、これがありません!国際ルールを熟知し、現役のプレイヤーである審査員が審査してくれます。1頭1頭の講評も競技終了後直ちに行われ、各課目の評価が発表されます。とてもオープンです。
*12月6日7日D-1アジアチャンピオンシップで組み込まれることが決定しました!
内容はIPOに準じたシンプルなものですが、これまた奥深いものです。
この日はジャッジがどんなところを見ているか、そんなポイントも教えていただきました。
e0100584_0363166.jpg
e0100584_0364748.jpg
e0100584_0365587.jpg
e0100584_037361.jpg
e0100584_0372047.jpg
e0100584_0373191.jpg
e0100584_0373981.jpg
e0100584_0375941.jpg

今回は遠路遥々たくさんの方たちにおいでいただきました。
普段、どのように犬と向き合い、どのような思いで訓練しているかによって受け取り方はそれぞれ違うと思います。セミナーを聞いたから上手くなるわけではありません。先生もおしゃっていましたが、犬のしていることはすべてハンドラーが教えた事ですから、自分の行動を意識して訓練を進めていかなくてはいけませんね。私も自身の行動を見直し、犬と向き合っていかなきゃ・・・と改めて感じた時間になりました。
皆さん、ありがとうございました!12月、朝霧で待っていまーす\(^o^)/
e0100584_0594165.jpg

・セミナー終了後大雨。そして落雷、、、直ぐ近くに落ちたんですよ(゚Д゚)ノ終わった後でよかったぁ。。。
[PR]
by kleiner-heine | 2014-07-22 01:04 | Event | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31