kleiner heine

Frau's Diary

G(グート)犬ディステル~服従編~

WUSV日本代表選考競技会、服従は朝一番に行った追求会場から移動し、約2時間後にスタート。
e0100584_0142255.jpg

この服従、IPOをやるまで家庭犬やOBしかやったことのなかったのですが、その時には感じる事のなかった苦労をしています(;´Д`)
“服従”がディステルにとっても私にとってもストレスのかかるものになるとは・・・
これこそ、幼少期からちゃんと犬に教えられていなかった・伝える事が出来なかったと、今は遅しですが日々反省です。

若い頃から感度がよく物覚えも早く、それがディステルが理解していると勘違いしてしまった私。
ノリと勢いで動けていた時は良かったですが、経験を積んでくると徐々に崩れ始めてきました。

まずは休止から。
リンクに入った瞬間から目の色が変わるのが分かりましたが、休止態度はいつになく落ち着いていて安心。。。本番、ここで精神が崩壊することもあるディステル。まずは私もホッとしました。

脚側スタート。やっぱり空気が重い。
練習では常に「スタジアムの中心にいること」をイメージし、即ち本番を意識した練習をしてきていましたが、同じようにはいきませんね。。
e0100584_0154987.jpg

e0100584_016576.jpg

e0100584_0182991.jpg

e0100584_0185651.jpg

一番トラウマになっている障害が近づくにつれ雰囲気が一層重くなるディステル。
ダンベルラックまで脚側・・・距離が異様に長く感じられましたっけ(-_-;)
嫌がる障害を欲で乗り切らせようとすると更に焦りが見られるので、掻き立てる練習はせず冷静に向き合ったダンベル障害。往路で足が少しつき、復路に多少の躊躇いが見られましたが、ちゃんとやりきってくれました。
e0100584_0163140.jpg

e0100584_0165810.jpg

e0100584_0172131.jpg

e0100584_0173618.jpg

e0100584_0175489.jpg

G(グート)81点。
ここ最近は70点台が多かったので、壁はありますが、大きなミスがなくまんべんなく出来たことには満足です。
競技終了後、
「どうしちゃったの?前はもっと良かったのに。」
と声をかけて下さった方がいましたが、これでもいい方だったのです(;'∀')
それだけ若い時はもっと表現力豊かな作業が出来ていたのかな??こうしてしまったのは指導手。無意識のうちに色々やってるんでしょうね・・・チーン

昼近くになるともう初夏?と勘違いしてしまうほどの暑さ(◎_◎;)
ほぼ全員の服従作業を見ることができ1日目は終了。
 
2日目は朝から防衛作業です!
つづく
[PR]
by kleiner-heine | 2014-04-06 00:19 | 競技会へ挑戦 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31