いつまでも『勉強』

やっとこさの更新・・・スミマセン。

7月初旬、長野県霧ヶ峰にてエドガー・シェルケル氏のセミナーがあり、参加してきました!
去年12月にもドイツから来日され、今回2回目のセミナー。
ワールドチャンピオンに何度も輝いたエドガー氏のセミナー、今回も実りある刺激的なものでした!

ただ、レインマンなんでしょうか・・・(笑)。
12月の時も雨でしたが、今回も雨。
皆さんずぶ濡れになりながらもそんなの関係ないっ!とばかりに真剣そのもの。
e0100584_05312.jpg

e0100584_0532780.jpg

3日間のセミナーは追及、服従、防衛と終日ビッチリのスケジュール。
前回はディステルも教材に使っていただきましたが、今回は他の犬を見て勉強に徹しました!

IPOのトレーニングは特別、という印象がありますが、ヨーロッパなど海外では家庭犬の行うスポーツ。会社帰りにみんなクラブハウスに集まって練習をする・・・愛犬と楽しむドッグスポーツなのです。

もちろん「国際訓練試験」ですから、難しいですし犬と共にかなりの時間を割かないといけませんし、恵まれた環境も理想的です。

ジャーマン・シェパードやマリノアが主でしたが、2日目にはフラットやゴールデンも参加していました~☆

犬がどうしたら作業をしたい!と思うか。
作業は楽しい!と思わせるにはどうしたらいいのか。

*期待感をどうやってもたせるか。
*課題をどうやってクリアさせるか。
*ストレス・フラストレーションをどうやって取り除くか。

これはIPO犬だけに限ったことではありませんね。
強制的な部分だけに頼った練習では犬をダメにします。
ただ、どんなに楽しくてもストレスはかかるもの。
しかし、「作業」する事がストレス解放に繋がる、またそうさせないといけない、とエドガー氏は言います。

競技会に出るという事は、いつもよりストレスがかかるし、かかり方も違う。
ミスなく「作業」する事がストレスを取り除く事に繋がる・・・という言葉には『うん!うん!』と頷いてしまいました。

まさに今の私の課題。

トレーニングに終わりはありません。
いつまで経っても『勉強』×2です!

3日目は晴れ間が差し込み、写真が何枚か撮れました~
e0100584_0511524.jpg
e0100584_0513031.jpg
e0100584_0515037.jpg
e0100584_0521647.jpg
e0100584_0523267.jpg

とても有意義に過ごせた3日間でした。
このセミナー開催にあたって奮闘して下さった全ての方に感謝致します。
ありがとうございました!!
e0100584_0562864.jpg

遠征にすっかり慣れた娘達。
出番はないというのに楽しそうでした♪
e0100584_057453.jpg

そして、この刺激は次世代へ・・・♪♪
e0100584_0592930.jpg
e0100584_059522.jpg

e0100584_17560.jpg

さてさて・・
どんな設計図を作ろうか。。。
不安は大きいですが、期待も大きい!
ムフフ・・・笑

[PR]

by kleiner-heine | 2012-07-27 00:58 | Training | Comments(0)