kleiner heine

Frau's Diary

2012FCI-IPO競技大会

ブログ更新がどんどんと遅れています・・・スミマセン。

遡ること2週間前、6月23・24日にFCI-IPO競技大会が長野県霧ヶ峰で開催されました。
この大会は今年9月にハンガリーにおいて開催されるワールドチャンピオンシップの日本代表選考会を兼ねていました。

審査員は今回の世界大会の審査も手がけるイゴール・レングバルスキーさんがスロバキアからいらっしゃいました。また、防衛ヘルパーにはオーストリアからデジター・メクネルさん。世界基準を目の当たりにする事が出来てドキドキでした!

さぁ、今回も沢山×2刺激を受けました!
この日のために空いた時間をフルに使って練習し、どんな時もIPOの事を考えていました(笑)。
分からなくなったり迷ったりした時は、今回一緒に出場した木川先生に相談したり・・と、とにかく24時間頭の中のほとんどがIPO一色でした!

まぁ、しかしやれば出来る、頑張れば出来る、だけじゃないですね(泣)。
動物と一緒にやる作業ですから、そう思い通りにはいきません。
金曜日の公開練習では思ったような練習が出来ず撃沈。本番に向かういい形を作らないといけないのに、前日から撃沈って・・・。
e0100584_031225.jpg

1日目は追及と服従。
追及は苦手とする条件下での実行となってしまいました。
会場を見たとき、草が深くていいな・・と思っていましたが、一歩踏み入れたら硬い根っこにつんつるてんの砂利。あぁぁ・・・と崩れ落ちてしまいました。
しかしこれを言い訳には出来ません。一歩一歩印跡をたどる、という理解がまだ不十分なディステルにとっては難しい状況でしたけど、嗅ぐことが出来る子は出来るわけですから・・・。
まだまだ未熟でした。

第一物品の発見も不安定なもので、第二屈折で貫き中止。
31点でした。

服従で一番恐れていたのは、1Mの障害飛越。
トラウマから中々抜け出さずにいるディステルは、この障害の回避だけでなく、そこに至る課目すら不安定になってきていました。
練習していれば順番が分かってきますからね・・・
「あ~・・もう直ぐ障害飛越がやってくる。。」
というように、顔つきがどんどん曇っていくのがわかります。
ディステルが私との作業に魅力を感じない、楽しくない、という様子が見られることがとっても辛かったです。

大会まで毎日障害を車に積んで空いた時間に飛ばしていました。
気持ちにゆとりが持てるように、思い切って踏み切れるように・・・

行進中の停座で失敗してしまいましたが、難関だった障害はクリア!
ダンベルを投げた時、大分左へいってしまいましたが、ディステルがやる気を見せてくれたのでそのまま続行しました。
大きな前進ですが、課題は山積みです。魅せる作業ではなくミスなくきちんとやり込む事を目標にしていますので、行進中の作業が悔やまれます。脚側の集中も欠けています。
得意の前進も<リフト乗り場>の看板目掛けて行っちゃうしーっ(泣)。
82点でした。

2日目は朝から防衛。
金曜日の公開練習ではパトロールが上手くいかず焦っている間に時間切れ。
監視やヤメの練習が出来ませんでした。これは私のミス。決められた5分間ではいつものような練習は出来ないのだから、次に繋がる道筋をたてないといけないのに上手に使えませんでした。
ここ2大会連続でパトロールをキメる事が出来ていなかったので焦りました。
パトロールは初っ端ですから、ここでリズムを崩せば次に待ってる禁足だって上手くいきっこないんです、ディステルは。

しかし、行ってくれました、ディスちゃん!
テントを少し膨らみながらでしたが6本回り禁足。
しかしこの後がダメでした。細かい所は全て未完成。ムチ振りに大きく怯み、その後ムチを強く当てられたことによってムキなりヤメがスマートではありません。しかしここは練習段階からまだ未完成でした。ムチ当てに怯んだのではなく、ムチを振り上げたアクションに怯んだ様子はきっと監視態度がしっかりと取れていないせい。
パーツパーツで練習してきたものを上手にドッキング出来ていませんでした。

ロングではベジターさんへ恐れをなすことはありませんでしたが、袖をしっかりと捕えることが出来なかったですし、ここでも監視態度の未熟さからムチの振り上げに怯み、最後の最後で中止になってしましました。
得点はなし。

泣きたくなるような悔しい経験をまたまた味わうことになりました。
4月のWUSV選考会で出来た事が出来なくなり、あの時出来なかった事が出来るようになり・・・
上手くいかないものです。
しかしディステル、頑張ってくれました~。去年の10月のIPO1の試験を思うと成長しました。
指導手の力量不足がまだまだ感じられる作業でしたが、私も一緒に勉強します!
また一からやらないとなっ!

一緒に出場した木川先生というと・・さすがです!
ディステルとほぼ同じ血液で、3ヶ月若い、まだ3才前だというのに冷静な作業を終始見せてくれました。私達がいつも理想とする、犬に理解させるという作業をきちんとこなしていました。
追及こそ残念でしたが、服従&防衛はとてもよかったです!
特に防衛は37頭中8位という、最年少での参加だったのに凄すぎます!!
少し乱れた、という監視や禁足も整っていてリズムが良かったです。
アウルに学ばせてもらいながらまた日々精進します。
e0100584_0282766.jpg
e0100584_0284996.jpg

そして、そして、もう一つの思い出はディステルのお父さん、ENDY VOM GERONIMOに会えた事♪何度日本代表になったんだろう??今回もエンディーの子供達が活躍していました!
日本代表になった子も2頭いまいた。
10才という年齢には見えない立派な容姿!貫禄があります。現役は退きましたがまだまだイケます!いや~、嬉しい♪♪
e0100584_0272938.jpg
e0100584_0274328.jpg
e0100584_0275563.jpg

霧ヶ峰はこの時期なのに寒く、犬達にとっては過ごしやすかったようです。
酸いも甘いも味わった3日間。
また来年、それまで時間はあるので頑張らないとっ!!
ご協力いただいたすべての方に感謝します。
e0100584_0305643.jpg

e0100584_0321577.jpg

[PR]
Commented by アウル君 at 2012-07-11 22:38 x
お疲れ様でした。 携帯から動画が見れず、やっとパソコンで見られました。 自分まで登場させてもらってありがとうございました。 同じ年に産まれここまで成長してくれて、お互い選考会に出場する事が出来て、犬達に感謝ですね。

これから、毎年、世界を目標に頑張って、今の悩み、苦しみが、何年後かに、きっと、自信につながり、代表になれる事、世界に通用する、ドッグトレーナーになっている事と信じて頑張りましょう。IPOの需要が無くても、腕は良いに越した事はない!!
佐伯さんの新しいパートナー、いっぱいミルク飲んで日に日に逞しくなっとるよ!!
Commented by kleiner-heine at 2012-07-11 23:52
Dear アウル君

コメントありがとうございます!

アウル&木川先生は一番近い憧れです!!
血液は近いはずなのにあの差・・・
指導手の問題ですね(泣)。。。
この血統を活かしきれない自分にイライラ・・・

そしてこの大舞台に立てたのも、木川先生率いるteam静岡のおかげ(笑)♪練習する場を与えていただき感謝×2です。

新パートナー・・・すくすく大きくなれよーっ!
by kleiner-heine | 2012-07-10 00:33 | Training | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31